肩甲骨とバストアップは、お互い深く関係しているという風に言われています。ゆがみが肩甲骨にあると血の巡りが悪くなり、栄養を胸に十分行き渡らせることができません。そうなると、胸の発育を邪魔してしまうので、肩甲骨の歪みを治して血行を良くしましょう。さらに、肩の凝りや冷え性といった原因になるとも言われています。

実際、正しくブラジャーを着用すればバストがアップするのかというと、アップの可能性があるのです。バストは要は脂肪なのですから、正しいやり方でブラを着用していないと、別の場所に移動してしまうのです。逆に、ちゃんとしたやり方でブラをつけることで、周りの部分の脂肪をバストにすることが可能です。

バストアップのために努力して、バストサイズが大きくなってきたらすぐにブラを換えることが大切です。また、ブラが使える年数は90回から100回着けるくらいと案外短期間なので、変化がなかったとしても定期的に新しくしましょう。サイズが変化したり型崩れした際のブラは胸の成長を妨げます。

バストアップさせる方法は色々とありますが、簡単で確実な方法であるほど、費用が掛かりますし、ハイリスクです。たとえば、手術で豊胸処置をすれば、すぐに望んだような胸になれますが、後に炎症などの問題が発生したり、ばれてしまう可能性もあるでしょう。すぐに目立った結果は得られませんが、着実な方法でじっくりと胸を大きくさせていくのがおすすめです。

偏った食事は胸の成長に良くないという説があります。つまり、バストアップに効果的な食事をしたとしても育乳に効果が出るわけではないということです。特定の栄養ばかり取っていても胸を成長させることは出来ません。毎日の食事の際に様々な栄養を偏るなしに摂るということがバストアップには欠かせません。

バストを大きくすることは女性みんなが目指すことではないでしょうか。それは女子の本能として染み付いているものだと考えられるからです。なぜか時に果実の大きさに例えられるバストですが、なにゆえそんなものと競わされるようになっていったのでございましょうか。

このページの先頭へ